2017年度パンフレット(金融機関向け)
69/136

EHIME GUARANTEE①お客様に「グッド3000」の利用意思があるかどうかを確認します。 (※対象者は、会社及び医療法人のみです。)②金融機関は、「事前照会書」を作成し、申込が可能かどうか等を信用保証協会に照会(FAX、持込、郵送)します。 ※「保証料率区分」の判定が必要となりますので、必ず事前に当協会までご照会ください。 ※資格要件を必ずチェックしてください。③信用保証協会から、申込の諾否、保証料率、保証条件等を回答(FAX)します。 ※金融機関のプロパー資金の「旧債振替」を伴う場合には、既存債権の確認資料(取引明細書等)を同時に提出していただきます。なお、正式申込時に、下記申請書に原契約書(写)を添付して提出してください。④事前照会の回答を受けた金融機関は、「事前照会回答書(写)」を添付のうえ、正式に信用保証協会に保証依頼を行います。 ※照会回答から30日以内に保証申込がない場合は、回答は無効です。⑤信用保証協会は、簡易審査により迅速な保証承諾に努めます。⑥保証承諾を受けた金融機関から融資が実行されます。【事前照会・回答書の様式】【旧債振替の申請書】(注1)手貸恒常資金としての利用も可能ですが、資格要件を欠くこととなった場合には「更新」は認められませんので、ご留意ください。なお、この場合には、完済するか一般保証等で分割返済へ借換(または、条件変更手続き)する必要があります。(注2)「旧債振替」は、当該申込人にとって有益となる場合であって、当協会が特に認めた場合に限ります。〈優良ランク保証Ⅱ(グッド3000)に係る事務処理フロー〉中小企業者金融機関信用保証協会「小規模でも財務内容が健全な先」※保証料率区分 第6区分以上※年商1億円以上⑥融資①制度の利用意思確認②事前照会(FAX等)④保証依頼⑤保証承諾③照会回答(FAX)受付印照会受付番号申込諾否申込可能額保証料率 ②与信取引     1年以上   (融資取引開始日     年   月)可 ※プロパー貸金の旧債振替がある場合  (充当する理由・メリット)保証条件(否決理由等)部・支所長課・副支所長次長係長係    年     月     日諾否千円 起案    年     月     日決裁【協会使用欄】千円 従業員常 雇人 家族・役員(留意事項) 1.本事前照会は必ず申込人の同意を得てから行ってください。   複数の金融機関から事前照会があった場合は、申込金融機関の間で調整を行っていただきます。 2.照会回答日から30日以内に正式申込を行ってください。   (※30日以内に保証申込がない場合は、回答は無効とします。) 3.申込可能額は、当該申込人の事業規模等を勘案の上、回答させていただきます。 4.旧債振替は、申込人の経営にとって有益となる場合に限り認められます。   (※確認資料として取引明細書等をお送りください。) 5.上記④の保証料率区分については、本協会におけるCRDスコアリング評点にて判定しますので、不明な場合は事前に当協会までご照会下さい。   なお、「保証料率区分」のみの回答とさせていただきます。 6.照会回答が「諾」であっても、保証申込時点で決算期が到来している場合は、新決算書で再度事前照会を行ってください。否 ③年商        1億円以上 (   /   期 :           千円)可否 ④保証料率区分第6区分(CRD56点以上)   (   /   期 : 保証料率区分     第     区分)可否住所資金使途可否千円期間ヵ月資格要件チェック(注)①~④の要件すべてを満たしていること ①業歴      3年以上   (     年)(様式番号SH30)様式1下記の保証申込について、事前照会いたします。なお、本事前照会については、申込人の同意を得ております。法人名申込人グッド3000事前照会書愛媛県信用保証協会 御中  年    月    日印TELFAX代表者名フリガナ生・設立日  年   月   日 業種(主たる業種)(従たる業種)人  金融機関 本・支店名代表者名既存債権額 :            千円貸付番号 :(注)正式申込時に、「既存債権充当(約定書第3条)申請書」を提出のこと 運転資金             千円※本件で決済する保証番号(一般保証(県制度除く)及び本商品のみ旧決可)貸付形式証貸  ・  手貸年  月  日迄照会金額担当者臨 時人 許認可等  有 ・ 無 (番号          )資本金(様式SH31)様式2    御中愛媛県信用保証協会*照会内容*貴行(金庫)からの保証申込に関する事前照会につきまして、下記のとおり回答いたします。(留意事項)照会回答日から30日以内に保証申込がない場合は、回答は無効とします。【協会使用欄】平成  年  月  日事前照会回答書照会書受付日3.1.商品名照会金額申込諾否申込可能額保証条件(否決理由等)円受付番号優良ランク保証Ⅱ正式申込時に、直近決算書の有効期間(次期決算の2ヶ月後)を経過している場合には、次期決算書にて保証諾否、申込可能額を判断するため、再度事前照会の手続きをお願いします。諾・否保証料率円顧客番号担当 決裁日%2.照会回答で申込「諾」であっても、許認可、資金使途等により保証取扱いができない場合があります。(グッド3000)(回答日)記申込人様式3既存債権充当(約定書第3条)申請書愛媛県信用保証協会御中(取扱金融機関名)支店長印(申込人)印下記の理由により、平成年月日付信用保証依頼書に基づく保証に係る貸付をもって、下記旧債に充当したいので承認願います。記1.債務者住所氏名2.貸付番号3.当初貸付年月日平成年月日円額金付貸初当.45.返済期日平成年月日6.返済方法一括・分割円額権債存既.78.充当する理由及び金融メリット下記いずれかに○を記入(③の場合には、具体的理由を記入)(理由)①財務構成の是正により、財務面の健全化が図られる。②保証付融資の導入により、与信枠の拡大が図られる。③その他(金融上のメリット)(備考)既存債権に係る原契約書(写)を添付してください。(様式M37)68

元のページ  ../index.html#69

このブックを見る