2017年度パンフレット(金融機関向け)
57/136

EHIME GUARANTEE念  書平成  年  月  日愛媛県信用保証協会理事          殿                             債権譲受人   印 当社は、平成  年  月  日付け債権譲渡契約に基づき、  金融機関名  の債務者    債務者名    殿に対する貸付債権を譲り受けることとなりました。 つきましては、当社は、平成  年  月  日付にて  金融機関名  が貴協会へ差し入れました念書記載内容を承継し、債務者    債務者名    殿に対する貸付金債権が完済するまで、当債務者が  金融機関名  に差し入れました下記債権書類を占有保管し、完済後は速やかに貴協会へ交付することといたします。記1.占有保管する債権書類名 1.占有保管する債権書類名                                    以上(書式J58)確認書4.契約書類の保管    丙が乙から譲り受けた前記根抵当権設定契約書、その他根抵当権に関する書 類は、丙の乙から債権譲渡契約に基づき移転した債権が完済した上は、丙は甲   に速やかに当該書類を引き渡すものとします。5.本確認書の準拠法は日本法とし、本確認書で定めた事項に関する訴訟については  松山地方裁判所を管轄裁判所とすることに合意します。平成  年  月  日   (甲)      愛媛県松山市一番町4丁目1番地2            愛媛県信用保証協会            理 事                 印    (乙) 住 所         名 称       代表者                      印      (丙) 住 所         名 称       代表者                      印 債務者    (債務者名)   に係る別紙覚書記載の下記根抵当権については、現在、愛媛県信用保証協会(以下「甲」という)と  (金融機関名)  (以下「乙」という)との間において準共有の形となっております。 今般、乙が当該根抵当権を債権譲渡契約に基づき   (債権譲受人)   (以下「丙」という)へ移転するにあたり、甲、乙、丙の三者間で下記の事項を確認いたします。 なお、甲、乙、および丙は下記事項の確認を証するため、本書三通を作成し、記名捺印の上各自一通を所持するものとします。1.根抵当権の表示      地方法務局       平成  年  月  日受付第    号を以て設定登記を受けた極度額        万円也の根抵当権2.順位・優先額の表示   当該物件の処分により弁済を受けるときは、下記の順位によることとします。  第1順位  第2順位3.甲が担保権の実行たる競売の申し立てをする際、丙に対して競売申立の同意書の提出を 求めたときは、丙は異議なく承諾し、同意書および関係書類を交付するものとします。記(書式J57)56

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る