2017年度パンフレット(金融機関向け)
12/136

協会業務のながれ調査・審査:事業内容の検討や面談、現地調査に基づき、企業の将来性や返済能力などについて審査します。事故報告:金融機関において、廃業や法人の解散、休業、経営者の死亡などの理由により、返済の履行が困難と判断された場合、信用保証協会へ事故報告書が提出されます。調整・再生支援:借換や返済条件の変更など、金融機関と協力して早期に経営支援・再生支援策を講じることによって事業の継続を支援します。借換:複数の保証付借入金の債務を一本化することなどで、月々の返済額の軽減を図ります。代位弁済:事業上の都合で万一返済できなくなってしまった場合、中小企業者の方に代わって信用保証協会が金融機関へ借入金を支払います。求償権:金融機関に代位弁済し取得した債権です。求償権の管理(回収):中小企業の方と信用保証協会の双方にとって一番良い返済方法を一緒に考えていきます。金融機関保証の依頼(保証申込書類受付・融資の可否決定)金融機関代位弁済請求借換・条件変更など信用保証協会代位弁済請求の受付代位弁済の審査・実行求償権の管理(回収)正常化(事故解消)信用保証協会保証申込の受付調査・審査保証決定担保手続信用保証書の発行金融機関融資実行※返済不能(事故報告)信用保証協会事故報告の受付調整・再生支援完済約定返済完済約定返済保証のお申し込みは信用保証協会、金融機関のどちらの窓口からでも承っております。返済負担軽減の条件変更や借入金の集約化など、中小企業の皆さまの実績に合わせた経営支援を行うとともに、事業再生のための支援業務にも積極的に取り組んでいます。11

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る