2017年度パンフレット(金融機関向け)
116/136

保証申込書類記入例当座貸越(貸付専用型)根保証又は事業者カードローン当座貸越根保証の場合は必ずご記入ください。  下記の通り「当座貸越(貸付専用型)根保証」又は「事業者カードローン当座貸越根保証」の資格要件に該当しており、 今後とも当   行   として、支援育成していきたい先であり、償還能力も認められます。記 (1)同一事業の業歴が3年以上で、2期以上の確定申告を行っている。(2)当   行   との与信取引が6か月以上ある。*該当する資格要件の番号を一つだけ○で囲んで下さい。<個人事業者> 1.保証申込直前期の決算における中小企業信用リスク情報データベース(CRD)によるスコアリングが基準以上である。2.当         の信用スコアリングが前記CRD基準と同等以上である。3.確定申告が青色申告であり、申込直前期の決算において申告所得300万円以上を計上し、かつ自己名義の不動産(自 宅・店舗等)を所有する。4.確定申告が青色申告であり、申込直前期の決算において申告所得100万円以上を計上し、不動産等物的担保の提供  がある。<法人> 1.保証申込直前期の決算における中小企業信用リスク情報データベース(CRD)によるスコアリングが基準以上である。2.当         の信用スコアリングが前記CRD基準と同等以上である。*該当する資格要件の番号を一つだけ○で囲んで下さい。 <個人事業者> 1.保証申込直前期の決算における中小企業信用リスク情報データベース(CRD)によるスコアリングが基準以上である。2.当         の信用スコアリングが前記CRD基準と同等以上である。3.確定申告が青色申告であり、申込直前期の決算において申告所得を計上し、かつ自己名義の不動産(自宅・店舗等)を 所有する。<法人>1.保証申込直前期の決算における中小企業信用リスク情報データベース(CRD)によるスコアリングが基準以上である。2.当         の信用スコアリングが前記CRD基準と同等以上である。 以  上資格要件申告欄(※信用保証依頼書の裏面です。)当座貸越(貸付専用型)根保証共通要件事業者カードローン当座貸越根保証115

元のページ  ../index.html#116

このブックを見る